NYパスポートな日々

wisdomnyp2.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 19日

近況報告とお礼!

みなさんお久しぶりです!長いこと更新が止まっていましたがその間もたくさんの人が見に来てくれていたようで感謝感激(涙)コメントもあって嬉しいですね!ありがとう御座います!今日からまた頑張って更新していきます。

c0065518_7202326.jpg更新が止まっていた間は何をしていたかというとwisdomニューヨークパスポートの編集。作業は先週の初めからもう始まっていたけど先週は金曜日に学校でテストがあったので、私はそれが終わった金曜の夕方から作業に合流。その頃にはスタッフのみんなは夜中までの作業を何日も続けていたようで、事務所には非常食やデリバリーのメニューがたくさん(汗)「お!来た来た!」と事務所に入って行った途端、声をかけられてちょっとビビります(汗)なにせ編集作業に関わるのは今回が生まれて初めて。みんなが書いた原稿をページにまとめていくんだけど、分からないことだらけなのでお手伝いできるのか、正直最初はちょっと不安でした。
 

c0065518_720509.jpgけどそんな不安も2、3日後にはどこかへすっ飛んでました。分からない、出来ない、なんて言葉を言う暇も余裕も無く、やってみたことがないこともとにかくやってみるという姿勢がwisdomにはあって、大変なんだけど色んなことをやらせてもらえるのは本当に楽しい。

日本で仕事をしていた時は上の人が言うことに逆らわないよう間違わないよう、無難にやることが先決で自分で考えて何かをするっていうことが本当に稀だったから、自分の考えや意見を表現できることがとても楽しい。そうやって体当たりでやってみたり考えたりしているうちに気がついたら今まで出来なかったことができるようになっていて、「やっぱり経験しないと分かんないことってたくさんあるなぁ」と実感したのでした。

私がwisdomのいいなー、と思うところはスタッフのみんながとってもポジティブなところ。ネガティブなことは言わないし、どんなに忙しくても愚痴らないしイライラしない。それは代表のマリコさんが決めた「お互いの悪口を言わない」とか、「原稿の中でネガティブな言葉を使わない」とか、「イライラしながら原稿を書かない」という決まりにも表れている。やっぱり自分がイライラすることが他のスタッフにも伝わるし、そういう気持ちで書いたものは文章にも表れるもの。読んだ人もいい気分はしないはず。そんな決まりがあるwisdomでの仕事だから、ハードな日々が続き寝不足で疲れていても本当にとても楽しかった。
 
c0065518_7211139.jpgカズコ女史は目まぐるしい作業の中で常に全体に気を配ってくれていて、笑かしてくれるし、「ありがとね」といつもひと声かけてくれる。私にイラストレーターの使い方を教えてくれたデザイン担当のヒデ師匠は、どんなに忙しくてもいつも「ほわーん」としたオーラを出していて、決してイライラすることなくいつも丁寧に指導してくれる。ヨーコちゃんもこれだけ忙しい中でキッチリ仕事をして常に天然ぶりを発揮し、アレックスにまで「えへ」という彼女の名言を覚えさせてしまったほど。「えへ」はwisdomの中での小さなブーム?(そんな彼女に「えへ、じゃないよ」と突っ込んだ私もかなりの強者らしい(笑))

そしてマリコさんは厳しいながらもポジティブなパワーでみんなを引っ張っていってくれるし、大事なところで意見をいつもくれる頼れるボスです。みんなが書いた原稿にはマリコさんがチェックをくれるんだけど「こんなん絶対にありえへんわー!」と赤字で厳しい突っ込みが入っているのには笑ってしまいました。いいなー(笑)

そんな感じのスタッフみんなで作っているwisdomニューヨークパスポート、昨日で編集作業がひと段落くして4月号は無事にみなさんのお手元に届けられそうです。お楽しみに!それから昨日は私の収録があったけどボイスブログも更新されています。スタッフが毎週順番に担当してニューヨークからお伝えしていますので良かったら聴いてみて下さい。私はこれからまたweb制作に戻って今度はそっちの作業をせねば。そっちも楽しいものができるよう頑張りますので楽しみにしてて下さいね。それでは☆
 

ちなみに1番上の写真はヒデくんとカズコ女史、2番目はヨーコちゃんとアレックス。
3番目は編集中のページ。(NYには色んな国の料理があるので色んな国のマークがあります!)

 

人気blogランキングに参加してみました。
気に入ってもらえたらワンクリックをお願いします!

 
[PR]

# by wisdomnyp2 | 2005-03-19 18:17 | wisdom
2005年 03月 09日

管理人多忙につき更新が滞っております。

c0065518_20404156.jpg昨日のNYは雪というより吹雪で風が強い一日でした。午前中でクラスが終わって家に帰ってきて宿題をやりweb作業をやって、合間にNYパスポートのスタッフのみなさんとメールで予定の打ち合わせ。私の仕事道具のMacは小さくて持ち運びが簡単なので、何かに集中したい時はソファーの上にあぐらをかきその足の上に載せて作業をしています。←こんな感じ。

来週が編集作業を山場なので今スタッフはみんな大忙し。でも誰も弱音を吐かずにむしろ楽しそうなぐらい。この前オフィスに顔を出したら「おっす!」とカズコさんに言われてしまいました。負けてはいられませぬ、新米も続きます!とりあえず金曜のテストが終わるまではそっちが優先だけど色々新しいことも覚えたいから、ひと段落するまでは事務所と学校と家を行ったり来たりのなりそう。

今回も良いものを作るので楽しみに待ってて下さい!がむばります!
 

人気blogランキングに参加してみました。
気に入ってもらえたらワンクリックをお願いします!

 
 
[PR]

# by wisdomnyp2 | 2005-03-09 06:52 | web制作
2005年 03月 06日

キャロリンのお宅訪問

c0065518_11241068.jpg2日連続でニューヨーカーの家の取材ということで、昨日のナギに引き続き今日はキャロリンの家に行ってきました!彼女の家はミッドタウンのウエストサイド、セントラルパークにも近く静かで環境のいいところにあります。

私が初めて彼女の家に行ったのは確か去年の夏、その頃彼女は私のクラスを担当していた先生で彼女のバースディパーティーに誘われみんなで遊びに行ったのでした。「うちの部屋は汚くて掃除しないと人を部屋に入れられないのよ」なんて彼女から聞かされていたけどこれが行ってみてビックリ!打ちっ放しの高い高い天井に日本で言うワンルームのような仕切りのない広々としたリビング、豪華でしっかりした作りのキッチン、ゆったりしたバスルーム、これが何とも素晴らしい部屋。当日部屋に着いた私とクラスメイトたちはあんぐり空いた口が塞がらなかったのでした。くわえてその日の帰り、彼女のアパートのエレベーターが壊れてしまい中に閉じ込められることに。結局消防隊の人たちに救出されたけどそんなこともあって彼女の部屋は色んな意味で思い出深いのでした。

さてそんな彼女のうちに行くのは今日で2度目、久しぶりの訪問。ちょっと早めに着いて入り口でベルを鳴らすと髪を振り乱して彼女が登場。あれ?「こんなに早く着くと思ってなかったからまだシャワー浴びてないのよー」と慌てている様子。そういえばいつも彼女と会う時は私がよく遅刻をしていたから今日も遅れてくると思っていたみたい。ごめん、今日は早く着いた(笑)部屋にあがって彼女の焼いたパンを頂きつつ待っていると取材班到着。さっそくリビングのソファーに座ってインタビューしつつカメラマンのミツコさんが部屋を色んな角度から撮影していく。二人とも初めて私がこの部屋に来た時のように部屋の素晴らしさに驚いている様子でした。

c0065518_11235266.jpgキャロリンの仕事は英語教師、色んな所に住み、色んな場所で色んな人に教えてきた経験を持っている。今まで色んな先生に出会ったけど彼女はお世辞抜きにその中でも一番の先生だし、彼女のおかげで英語嫌いだった私が英語を楽しいと感じられるようになった。そして教師としてだけでなく人としても彼女を尊敬している。教師と生徒という関係でなくなった今もこうして連絡を取り合っているし、教室の中に居た時も教室を出た後も対等に話せる人。なかなかそんな先生は居ないんじゃないかな。そんな彼女は色んな人に出会えるこのNYも言葉を教える教師という仕事も愛しているんだって。彼女の優しさと彼女から出るその柔らかな雰囲気がとっても好き。そんな素敵なめぐり合わせをくれたNYにとても感謝している。

撮影は何の問題も無く進みアッという間に終了。キャロリンも緊張することなんく終始和やかな雰囲気でした。英語でのインタビューは大変そうだけどいつか私もやってみたい。NYならそれができる、願えば叶う不思議な力を持った街なのです。

キャロリン、またお茶しようね。
ミツコさん、いい写真になるといいですね。
ヨウコさん、今日もお疲れさまでした。いい記事期待しております!
 


人気blogランキングに参加してみました。
気に入ってもらえたらワンクリックをお願いします!

 
[PR]

# by wisdomnyp2 | 2005-03-06 22:23 | 取材など
2005年 03月 05日

ハロー ナギ! その3

c0065518_1221059.jpgナギの家へ取材に行くために10時過ぎには起床。寝ぼけまなこでコーヒーを煎れ、この前チェルシーマーケットで買った「Amy's Bread」のパンをトーストしてそこに「Sarabeth's Kitchen」のフルーツスプレッドをのっけて頂きます。うーんおいしー!この取り合わせはベストマッチ!フルーツスプレッドはとってもフルーティで瑞々しく本当にジャムとは言えない美味しさに朝からうっとりしてしまいます。小さめのサイズのフルーツスプレッドでもけっこう大きくて長持ちするかと思ったけど美味しいからこのサイズでもすぐに食べ終わってしまいそう。きっと来週ぐらいにはまた買いに行っちゃうかも知れません。これは保存もできるし日本へのお土産にもってこいだと思います。NYにお越しの際はぜひぜひ買って帰ってはいかがでしょうか?喜ばれること間違いなしだと思います。何はともあれご馳走様でした♪
 
朝ご飯を済ませ準備をしたらナギのうちへ。私は前回一度行ったから迷うことなく到着。先に着いてしまったから家の前でヨウコさんを待っていようかと思ったけどナギから電話がかかってきて「うちにあがって待ってれば?」とのこと。今日のNYは晴れているとはいえ風が強く寒かったので、お言葉に甘えて中で待たせてもらうことにしました。玄関を開けて中に入るとさっそく猫ちゃんがお出迎え。いやーんかわいい♪ナギの煎れてくれたコーヒーを頂きながら話しているとヨウコさん到着。さっそく取材開始となりました。

c0065518_1224557.jpgインタビューは彼が写真を始めたきっかけから始まりました。彼は経験してきたことが山のようにあってそのひとつひとつが面白くそれだけで長い長い物語が出来てしまうんじゃないかというぐらい。彼の話を聞いていると日本とNY、両方も良い面と悪い面が見えてくるしそれによって考えさせられることが多くてとっても面白い。

「自分の考えがあるから自分で決めたかった」

と話す彼の言葉は静かだけど力強い。若干27歳にしてココまで来たのにはやっぱりそれなりの理由と努力があったんだろうけど、何より彼の強い意志があったんだということが分かる。フォトグラファーとして彼を尊敬してるけど、人間としても彼を尊敬している。とても温かくて優しくて色んな人やものを受け入れられる懐を持っている人。きっと彼は何年経ってもどこで会っても「おっす!」て声をかけてくれるんだろうな。
 
色々な話をたっぷり1時間聞いた後は写真撮影。ナギのアドバイスをもらって色んな角度からお部屋の写真を撮らせてもらいました。とは言っても私はカメラ担当では無いので邪魔にならないようにしてこそこそとブログ用に写真を撮影。このリビングは天井が高く外からたくさんの陽の光が入るからとっても気持ちいい。色々写真を撮ったあと、猫ちゃんも一緒にどう?てなことで急遽ナギ&猫ちゃんの2ショット撮影になりました。猫ちゃんが逃げないようにおもちゃで気を引くナギ。なんとも微笑ましい写真が撮れたところで撮影終了!結局取材には2時間かかったけどあっという間に終わりました。私としては初めての取材だったけど友達の家にお邪魔してまったりしている間に終わってしまったという感じ。取材は猫ちゃんとナギのおかげで終止和やかな雰囲気でした。
 

c0065518_1234963.jpg


ナギありがとう、今度飲みに行こうね。
ヨウコさん、今日はお疲れさまでした!明日も頑張りましょー!
 

人気blogランキングに参加してみました。
気に入ってもらえたらワンクリックをお願いします!

 
 
[PR]

# by wisdomnyp2 | 2005-03-05 23:01 | 取材など
2005年 03月 04日

ある学生の一日

c0065518_1447730.jpg今日のNYはご覧の通り晴れ、金曜日ということで何となく待ち行く人の足取りも軽いです。私の学校はこの写真の34丁目沿いにあるのですが、この通りはエンパイアステートビルやペンステーションなどなど有名な建物が多く5番街と並びNYのメインストリートと言えるところです。マンハッタン内を巡回している観光バスもココを通るし、去年のあの共和党大会がマディソンスクエアガーデンで開かれていた時は通りの交通は封鎖されパトカーがずらっと並び厳戒態勢がしかれていました。普段でも人通りが多いんですが観光の時期になるともっと多くなるため毎日ここを通らなければいけない私としてはちょっと大変(汗)とはいえたまにはこうやって景色を眺めると改めて自分はNYに居るんだな、と実感します。

以前は午後のクラスを取っていて午前中は家でのんびりするだけだったけど、NYパスポートのお仕事を始めてから時間を有効に使おうと今週から午前中のクラスに変更。朝、学校の一番近くにある34丁目の駅を下りて地下鉄の出口を出ると新聞を配っている陽気なおじさんに出くわします。「グッドモーニング!」と声をかけて笑顔で新聞を渡してくれるのでちゃんと「ありがとう」とお礼を言って受け取るようにしたらおじさんも嬉しそうでした。(ちなみにNYでは無料のニュースペーパーが街や駅のあちこちで手に入ります。便利♪) 朝起きるのは大変だけど午後のクラスに通ってた頃は出会えなかった人や出来事に出会えるのがとても楽しい今日この頃です。

午前授業の嬉しいところは授業が終わってもまだお昼だということ。時間を有効に使うと一日が長く感じます。放課後はそのまま歩いてNYパスポートのオフィスへ。昨日と一昨日はオフィスに行かず家に引きこもってweb制作を地道にやっていたけど、明日はナギの家へ取材に行く予定なのでその打ち合わせもあって出勤です。オフィスのドアを開けるといきなりアレックス(23歳ゲイのナイスガイ)と遭遇。私の方が年上なのにいつもイジラレルので警戒していると案の定髪の毛をワシャワシャにされました。もー久しぶりに会ってそれかい(汗) アジアの人たちはアメリカに来ると100パーセントの言っていいくらい実際の年齢より若く見られますが、そんなアジアの人から見ても若く見られてしまう私。たぶんアレックスから見たら高校生ぐらいに見えるんだろうね。おかげで可愛がられて?います。それはさておき明日取材に同行させてもらうヨウコさんと時間を打ち合わせをして、雑務をこなし、またアレックスに絡まれ(笑)、早々に帰宅。宿題をやってweb作業をしてあっという間に楽しい金曜日は過ぎていきます。

c0065518_14473210.jpgそういえばこの前ブログに書いたセントラルパークの「The Gates」。夜テレビを見ていたら「The Late Show」に明らかにそれのパクリでないの?と思われる格好でブルースウィルスが登場!司会に突っ込まれると「そう言えば(僕の服と)似たようなのをセントラルパークで見たよ」なんて言ってました。その時の様子がこちら → 派手っ!坊主頭に全身オレンジ(ちなみに靴下のオレンジでした)がサマになるなんてブルースウィルスぐらいでしょうね。そんな格好でもスターの輝きをビシビシ放っていて素敵(笑)こうしてNYの夜は更けていくのでした・・・

ヨウコさん、明日は楽しい取材になるといいっすね!
 

人気blogランキングに参加してみました。
気に入ってもらえたらワンクリックをお願いします!

 
[PR]

# by wisdomnyp2 | 2005-03-04 23:46 | お勉強・学校
2005年 03月 02日

NYが教えてくれたこと

c0065518_1156252.jpgNYに来てもうすぐ一年。こっちで色んなことを学んだけれど一番印象に残っているのは「人間はやっぱり心だ」と実感したこと。NYに長く住んでいる日本人の方と話す機会があった時に、その方が話して下さったことがとても印象的だった。

「NYは色んな国籍の人と接する機会があるからそのうち分かると思うけど、相手と理解し合えるかどうかに国籍はあまり関係無いのよ。日本人同士だからといって簡単に理解し合えないように、国籍が違ったとしても理解し合えることもある。要するに心が通じ合えるかどうかはやっぱりお互いの心とか思いやり次第なんじゃないかしら」

また今通っている学校で以前英語を教えてくれていた先生、キャロリン。彼女とは年も近く何となくお互いの価値観が似ていてすぐに仲良くなった。それに彼女が偏見が無い優しい人だったこともあって、彼女が他の学校に行ってしまった今も仲良くしてる。その彼女と話した時もすごく印象的だったことがあった。ある時私が「アメリカの人はすごく話すけどそれは何でなのかな?」と素朴な疑問を投げかけると彼女は少し考えた後、「これは私の考えだけど」と前置きしてこう答えてくれた。

「それは二つの側面があると思う。ひとつは単純に話すのが好きだからだろうし、それがこの国では一般的な習慣だったりマナーだったりするから。あとのもうひとつは不安だからかな」

不安?予想もしてなかった答えが返ってきてビックリした。「この国の人はいつも明るく何に対しても前向きでベストを尽くしていて不安を感じているようには見えないけど、それは違うってこと?」そう聞き返した。それにも言葉をひとつひとつ確認するように彼女は答えれくれた。「それは不安や自信の無さの裏返しでもあるの。未来に対する不安、自分自身に対する自信の無さ、そういうものがあるからそうせずにはいられない。誰だって不安なのよ。たくさん喋るのも沈黙が怖いことの裏返しだってこともあるのよ」そう言って微笑む彼女を見て、はじめて、ちょっとだけアメリカの人のことが理解できた気がした。

c0065518_11564932.jpgそれまでは言葉や習慣の違いのせいで他の国の人と通じ合うことは難しいんじゃないかと思っていたし、確かにそういった違いのせいで理解し合うことが難しい時もあった。けどそれはあくまで「そういうこともある」というだけであって、それが全てではないし絶対でもない。実際にこっちで色んな人と接して仲良くなったけどいい友達になれた人は国籍も年齢も私とは全然違う人だった。でもみんなに共通しているのは何となく通じ合ってるということ。話していて純粋に楽しいということ。だからそういった違いは大した問題ではないんだと思う。

国が違っても年齢が違っても人間である以上同じことで悩んだり不安だったりするし、誰だって幸せになりたいんだと思う。それはとってもシンプルなこと。それを国が違うからとか言葉が違うからと言って複雑にしてしまっていたのは自分自身。国籍や年齢、性別などそういったもので偏見を持ったり壁を作ってはいけないと頭では分かっていたつもりだったけど、やっぱり自分は分かっていなかったんだと思った。実際に経験してみてやっとそれが分かったし、おかげで国籍や性別や年齢にあまりこだわらなくていいんだと分かってすごく気が楽になった。やっぱりみんな同じ人間なんだね。

NYに来てそれに気がつくことができてたぶん私はとっても幸せものなんだと思う。またそういったことを気付かせてくれた人たちに出会えたことにとても感謝している。明日はまたどんな人に出会えるんだろう、どんな人が私を待っているんだろう、それを考えるだけ毎日は何倍にでも楽しくなるんだろうね。みなさんにも素敵な出会いがありますように!
 
 

人気blogランキングに参加してみました。
気に入ってもらえたらワンクリックをお願いします!

 
[PR]

# by wisdomnyp2 | 2005-03-02 21:55 | ニューヨーク