NYパスポートな日々

wisdomnyp2.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 17日

ニューヨークという街

NYという街は不思議な街。


この街には色んな人が居て、
もちろん話す言葉も、肌も髪の色も、個性も色々で
ここまで違うと比べようが無い。


なので人は基本的に他人と自分との違いを気にしない。


それだけ違う中で目立つことはある意味「ひと苦労」なので、
これでもか、と言うぐらい自己主張する人も多いし、
完璧に我が道を行く、で好きなように自分をコーディネートしてる人も居る。


そしてそれを観察している私みたいな人も居る(笑)


それだけ色んな人が居ると、考え方も色々。
だから「言わなくても察してくれるだろう」なんてのは通用しない。
ちゃんと何をどう思っているのか口に出して言わなければ、
何も意見が無い、考えていないとさえ思われてしまうこともある。


色んな人や色んな考え方が多いけど、人は分かり易い考えに飛びつき易い。
お金があれば万事オッケー、ハッピー!みたいな考えがやっぱり主流なのかな。


でも日本という国を知っている私から見れば、
お金があるだけじゃ幸せになれないぜ、と思ってしまう。


日本は他の国に比べたら、みんなある程度のお金を持っていて、
とりあえず衣食住に困らない生活をしている。
こんなにみんなが恵まれているのは日本ぐらいかも知れない。


でも自殺がこんなに多い日本。
幸せって何だろう?て思ってしまう。


段階があるんだと思う。
食べるものに困らなくなって、ある程度の物に満たされて、
初めて心が満たされていないことに気付くんだと思う。


NYは豊かな人とそうじゃない人が極端で、
貧しい人はとりあえず毎日の暮らしのことで頭がいっぱいで、
心の満たしより、腹の満たしの方が先なのだ。


でも一部の人は心の幸せに対してとても感心があってあ、
ヨガが流行るのも、心と体にいいローフードが注目されているのも
そういう理由があるのかも知れない。


こういう街に居ると、何が普通で何が普通じゃないのかなんて
そういう基準が無いから、自分なりの幸せを考えるようになってくる。
自分は何をしたら幸せー♪て思うのかな?と考える。


だから自分が何をしたいのかが分かっていれば、
この街で暮らすことは本当に楽しいだろうし、
逆にそれが分からないと、自分を見失ってしまう場所だろう。


こっちに来て初めて日本がどれだけ特殊で変で、
かつ恵まれた国かと言うことが分かるだろう。


そしてこちらに来ると日本人のことも良く分かる。
その器用さ、不器用さ、純粋さ、ネガティブさ、考え深さ、
その特殊な国民性の素晴らしさが本当に良く分かると思う。
 
 
自分が何をやりたいのか分からない人は
一度NYに来て刺激を受けてみるといいかも知れない。


私が感じたNYは、そういう街なのです。
 
 

 
c0065518_1464210.jpg

 
 
[PR]

by wisdomnyp2 | 2005-10-17 12:43 | ニューヨーク


<< あまりにお久しぶりですが・・・      心に良い食べ物 >>